とても五十路とは思えない衰え知らずのプロポーションと猛烈なエロフェロモンで無意識に生徒を発情させてしまう五十路女教師のエロムービー。寺林伸子。
他の生徒も通りかかる学校の廊下で突然生徒に抱きつかれ、戸惑いながら息を飲み込む五十路の熟した女教師。『やめて…、こんなことろで…』と眉を寄せた熟した女教師。黒髪を束ねて清潔感がある白いブラウス、そして短めのタイトスカートからの太ももには、得も知れぬ色っぽさが漂っている。かまわず熟した女教師の手を引いて、校内の倉庫に連れ込んだ生徒。すぐさま唇を音を立てて吸い、ブラウスの上から胸を揉む。『ちょっとまって…』戸惑いながらも息を飲み込む熟した女教師。乳を揉まれてブラウスのボタンがはだけると、ピンク色のブラジャーが。『じゃあ、これで最後よ』と美しくも妖艶に悶える姿を見せながら熟した女教師は言う。ブラジャーを下にずらすと、とても五十路とは思えないような綺麗な乳房がこぼれ落ちた。椅子に座らせて乳首を弄ると『感じてきちゃうじゃない…』と熟した女教師は喘ぎながらつぶやく。それから舌を大きく突き出して、生徒のイチモツを堪能するかのように貪るようなフェラを。しなやかな指先で肉棒を握り、吐息を洩らして舌を動かす。パンティーを脱がされたあとは机の上に座らされて大股開きに。すでにビショビショに濡れているだろうま●こを舐められると、『スゴすぎるきもちいい…、もうだめ…』と、熟した女教師は敏感に軽く声を洩らした。ひとしきり肉襞を舐めまわしたあと、熟した女教師を立たせて肩膝を抱えてチ●ポを挿入。立ちバックになると、すすり泣くような喘ぎ声をあげて感じまくる熟した女教師。やがて熟した女教師の太ももに精液を発射。生徒に向き合うと『本当にこれで最後だよ、ね…』と教師としての口調で言うのであった。

▼コチラもオススメ▼